トイレット ペーパー 品切れ デマ。 トイレ紙デマ「投稿の1人は職員」 米子医療生協が謝罪 [新型コロナウイルス]:朝日新聞デジタル

トイレ紙デマ「投稿の1人は職員」 米子医療生協が謝罪 [新型コロナウイルス]:朝日新聞デジタル

👍 まず地方紙である西日本新聞が27日に「」という記事を掲載。 当時静岡県内で流行したデマを振り返るとともに、デマにだまされない、デマを拡散しないための教訓を探ります。 自ら進んでデマに踊らされにいった リスクが発生した際には「情報リテラシー」がいかに大切かをあらためて思い知らされる事例だが、その一方でこの問題は「デマに踊らされた」という言葉だけでは片付けられない部分もある。

トイレットペーパー転売あふれるメルカリに“善意の出品”も 「デマです」と買い控え呼び掛け(岡田有花)

🐾 暮らしの疑問から地域の困り事、行政や企業の不正まで、調査依頼や情報をお寄せください。

3

“マスク材料”の噂で…トイレットペーパー品切れ相次ぐ 「全くのデマ」|【西日本新聞me】

👏 コロナ、トイレットペーパー不足事件について 新型コロナウイルスは日本でも年明け以降、さまざまな地域に拡大してきました。 事実を伝えることは大切ですが、 より具体的な説明を丁寧におこない、安心感を与えることが何よりも重要です。 これと同じように世間で話題となったのが 「トイレットペーパー不足」についてです。

11

「新型コロナ」デマでトイレットペーパーが品切れ! なぜ? 信じたことが現実になる「予言の自己成就」とは?

👈 同市内の量販店でも大勢の買い物客が両手にトイレットペーパーを抱えて列をつくった。 妹は義理の母親から届いた文面を転送したという。

突如店頭から消えたトイレットペーパーやティッシュ。早速転売が増えるも、メーカー・業界団体は「すぐ解消しますのでご安心を」|FINDERS

☯ トイレットペーパーをたくさん買わないよう自制を求めることも必要だが、たくさん買いにくいシステムを導入し、消費者にそれに合わせて行動してもらうことも重要。 職場のトイレットペーパーにつきましては、場合によりますが、職場が設置したものですから「他人の財物」にあたることになります。

15

コロナ禍のデマ なぜ広がった|あなたの静岡新聞|〈知っとこ〉記事まとめ

🔥 これと同じ心理が今回も消費者の中で生まれているという。 梶野大理事長名で「職員の不祥事のご報告とお詫(わ)び」と題して「『新型コロナウイルスにかかわりトイレットペーパーが品薄になる』旨の事実とは異なる誤った情報のSNSへの投稿者の1人が、当組合の事業所に勤務する職員であることが判明しました」とした。 ことの発端は、Twitterでのツイートと言われています。

20