四面楚歌 現代 語 訳。 阿弥陀経 現代語訳

『源氏物語』の“葵”の現代語訳:5

🤙 私が今、の不可議な功徳を称賛しているように、東方にまた、阿閦鞞仏(あしゅくびぶつ)、須弥相仏(しゅみそうぶつ)、弥仏(だいしゅみぶつ)、須弥光仏(しゅみこうぶつ)、妙音仏(みょうおんぶつ)などの大河の砂の数ほどの諸仏がいて、それぞれの国において、広長舌(こうじょうぜつ・仏の舌が広く長いという意味であるが、仏の教えが普く行き渡る様を表現する言葉)を出して、普くすべての世界を覆い、誠であり真実の言葉をもって次のように説かれる。 その声は、悟りに至る教えを説いている。 直 ただ ちに 夜 よる 囲 かこ みを 潰 つい やし、 南 みなみ に 出 い でて 馳 ち 走 そう す。

7

『源氏物語』の“葵”の現代語訳:5

👎 『であるあなたたちは、まさにこの不可議な功徳を称賛し、すべての諸仏が守護し念じるところの経を信じるべきである』と。 若い女房たちは、聞き苦しいまでに源氏の君をお褒め申し上げていた。 常に之に騎す。

四面楚歌/項王の最期(現代語訳・解説あり) 項羽本紀第七 史記 漢文

🙃 項王泣数行下る。 是何楚人之多也。 またよ。

15

『枕草子』の現代語訳:34

😂 田父紿 キテ曰 ハク、「左 セヨト。 常に之に騎す。 漢軍及諸侯兵囲之数重。

17

『枕草子』の現代語訳:34

🎇 項王軍壁垓下。

7

top

😭 馬鹿そうな顔をした賎しい下男までが、自分の顔がどんな顔になっているのかも知らずに笑顔でいっぱいになっている。 いつも項王はこの馬に乗っていた。 南方世界に日月燈仏(にちがっとうぶつ)、名聞光仏(みょうもんこうぶつ)、大焔肩仏(だいえんけんぶつ)、須弥燈仏(しゅみとうぶつ)、無量精進仏(むりょうしょうじんぶつ)などの大河の砂の数ほどの諸仏がいて、それぞれの国において、広長舌を出して、普くすべての世界を覆い、誠であり真実の言葉をもって次のように説かれる。

5

『枕草子』の現代語訳:34

🤫 その池は、八功徳水(はっくどくすい・八つの功徳を備えた水)で満ちている。 」 よるかんぐんのしめんみなそかするをきき、かうわうすなはちおおいにおどろきていはく、「かんみなすでにそをえたるか。

四面楚歌(しめんそか)の意味!現代語訳でわかりやすくまとめたよ!

🐲 なぜ『すべての諸仏が守護し念じるところの経』というのだろうか。

14