キャッチ ボール 歌詞。 榎本くるみ キャッチボール 歌詞

永井真理子 キャッチ・ボール 歌詞

☏ — 藤原基央と密室で作曲することについて 増川 — 「ん?すごい楽しかったっすよ?あ、でもべつに、あいつが作ってる作業を見るのは、そんなに俺の中で新鮮なことでもないわけで。 飛んで来る白いボール catch you catch me 心の中の叫び 姿変えて 悩んでいるの それもいいじゃない 君らしい 涙の理由 わけ に 素直になれば 新しい コトバよりも Kissかも 涙より愛かも ぬくもりより冷たさ 束縛より自由かも 愛は may be キャッチ・ボール 長距離バス揺られて Touch you Touch me 逢いに行くと決めたの バッグ ひとつ 風まかせなの それもいいじゃない 自分らしい 途中下車した 地平線の果て何がある 歴史よりも一瞬 平穏より冒険 明るさより暗闇 ディナーよりも花束 愛は may be キャッチ・ボール 悩んでいるの それもいいじゃない 君らしい 涙の理由 わけ に 素直になれば 新しい コトバよりも Kissかも 涙より愛かも ぬくもりより冷たさ 束縛より自由かも 愛は may be キャッチ・ボール. ありがとうを言わせて…• インディーズ時代のインタビュー 『THE LIVING DEAD』発売時のインタビューでは先頭を切って「音にこだわった 〜」等の発言をする。 キャッチ・ボール(Album Edit)• 「好奇心」は陣内大蔵がアルバム『BLOW WIND BLOW』に「好奇心〜Chance creator〜」として、「ミラクル・ガール」は藤井宏一が「Miracle Girl」としてセルフカバーしている(どちらも若干歌詞が異なる)。

16

キャッチボール 雪音(梶裕貴) 歌詞情報

⚓ 2003年頃に退学するまで大学とバンド活動 (と英語の塾講師)を両立していました。

3

永井真理子 キャッチ・ボール 歌詞

😜 藤原 — 増川が弾いてたリフがあって。

13

永井真理子 キャッチ・ボール 歌詞

☢ ひとちぼっちじゃ出来ないこと 出来る今がとても幸せだ キミが笑って放ったボール ちゃんと返せるかな? 今、君が涙を見せた• 「いいリフがあるんだよ」みたいな(笑) 最初に弾いたリフはカッコいいメロディでしたが楽曲としてはボツになります。 作詞:亜伊林、作曲:北野誠• じゃあ、どうする? 当時のプライドの高さを感じます。

高橋優 キャッチボール 歌詞

😃 増川 — うん?ま、別にいいけど。 試聽 在 KKBOX 中開啟 キャッチボール 作詞:藤原基央・増川弘明 作曲:藤原基央・増川弘明 雨上がりの並木道 排気ガスと草の匂い 君は僕のななめ前 咳をしながら 苦しそうに笑った 赤く錆びた鉄棒 造りかけの砂のダム 君は僕の後ろから ゴムのボールを 日の沈んだ空に高く投げた 「とれるわけないだろう! 一生懸命書いてたんだけど、俺はやっぱ、いかんせんね、上手く書けなくて。

高橋優 キャッチボール 歌詞

😀 好奇心• 」 呆れながらも 必死でとる 「とれないと思った」と 君は驚いてた カーブの様な愚痴 消える魔球の様な優しさ 君のボールはいつも 届かない所へ飛んでいく 君はボールを何度も 僕に投げた とれるわけない球も 呆れながらも 必死で追う 「とれなくてもいい」と 微笑んで欲しくない 今まで 見逃した 優しさや 愚痴やいろいろ 必死で追う キャッチボールは続いていく いつまでも続いていく 上手くなって 距離を置く 心は近付いていく 君の声は遠くなり 君のコエが近くなる カーブの様なグチ 消える魔球の様な優しさ. 」 呆れながらも 慌てて追う 「とれなくてもいい」と 君は微笑んでた 夕焼けが終わっても キャッチボールは続いてた 君はちょっと飽きた顔 思い付いた顔 コントロール無視のカーブ投げた 「とれるわけないだろう! 藤原と増川の作詞 藤原さんは増川さんに一人で詞を書くよう勧めます。

12

永井真理子 キャッチ・ボール 歌詞

☭ アクセス回数:7回 リリース日:2014年5月9日 キャッチボール 作詞 紗希 作曲 紗希 唄 雪音 梶裕貴 目覚めた時にオレは ゆらゆら空を漂ってた 何か探し物を してたような気がする 目が合ったジャージの男に "雪音"と名付けられて オレは神器になったんだ そうだ! しかし増川さんの作詞がうまくまとまらなかったため、作曲同様に共作をします。 「キャッチボール」作曲までにリリースしていたCD(自主CD音源1枚、インディーズ3枚、メジャー2枚) サークルやバンド活動でギターを持っている大学生はどこにでもいますが、まさかCD売上50万枚以上のギタリストとは周囲の学生も思わなかったでしょう。 今日も1日が終わる 伝えたい言葉の3割ほども伝えること 出来ないまんま 君とまたバイバイ 僕の口が言っているけど 僕の気持ちとは無関係な 空振り三振みたいな会話ばっかだ 君も心当たりあるかい? 出来るだけずっと一緒にいたいけど 僕らの一生はきっと一人ずつ別個 人口密度高くても孤独な心が揺れ動くこの街で 出会えているだけでだいぶラッキーかもしれないなんてニヤけてる 君がいつもがんばって がんばっていることをとても知ってるよ それを悟られないためにおどけていることも 誰かのために泣いて 傷ついたあとの世界一の笑顔で たまには僕の空振り話に君の本心放り投げておいでよ 規制線の向こうにブルーシート 平穏な風景一変して 不穏の影が覆いかぶさってて 胸がざわついて立ち止まる 被害者が君じゃないように 加害者も君じゃないように 咄嗟に祈る利己主義な本心 誰かの悲しみ尻目に なんでかな想いとは違う方へ バウンドして掴めないのが人生で 高く飛んでったボールはフェンスの向こうの家の窓破って怒鳴られる なんてことのない今日がだいぶラッキーだったんだなーって あとあと気付く そしてまた落ち込んで いやんなって すべて投げ出したくなるけど 付け焼き刃で乗り越えてるような毎日でも 明日はきっと…なんて 気休めの言葉をまだ少し信じてる 同じような孤独でもし君も今どこかで泣いているなら尚更 君がいつもがんばって がんばっていることをとても知ってるよ それを言われても認めやしないんだろうけど 誰かのために泣いて 傷付いたあとの世界一の笑顔で たまには僕の空振り話に君の本心放り投げておいでよ. 「23才」は後にシングルカットされた、タイトルは永井の当時の年齢である。

BUMP OF CHICKEN キャッチボール 歌詞

😊 雪音 梶裕貴 さん『キャッチボール』の歌詞をブログ等にリンクしたい場合、下記のURLをお使いくださいませ。

12